生活トラブル解決

焼肉、切ってから焼くか?焼いてから切るか?

どうも!有意義な情報を発信して、より良い生活を目指しているgens(げんず)@gens81992397です。

焼肉に行くとたまに切られていない状態で出てくる事がありますよね?そういう際に毎回、迷います。

「あれ、切ってから焼くんやった?焼いてから切るんやった?」

解決策は、店員さんに聞くか、ネットで調べるかです。
それでいいのですが、知ってたら人間力がUPすると思うのでまとめてみました。

焼肉、切ってから焼くか?焼いてから切るか?

結論から書くと、焼いてから切るが正解です。

それでは、何故焼いてから切るのでしょうか?
諸説ありますが、箇条書きにします。

  • 生の肉は切りづらい。焼くと切り易くなります。
  • 肉汁を中に閉じ込めるて焼くことができる。(これが1番の理由です)断面が多くなると肉汁が外に出てしまう量が増えるので焼いてから切るのが正解です。

塩タンの正しい焼き方

タンは焼肉に行くと必ず頼みますが、よく塩タンの店もありますよね?
ちゃんと焼けていますか?私はほとんどネギを落としてしまっています。

正しい焼き方はネギが乗っている方を上にして片面だけ焼く。

タンは大抵は薄いので片面焼きで充分なのです。
(もちろん、肉によっては両面焼いてください)

ホルモンの正しい焼き方

ホルモンをどこまで焼けばいいか分からなくないですか?

ちゃんと正しい方法があるらしいです。

焼き始めたらホルモンを見続けます。ホルモンが収縮し始めてそれが止まる瞬間があるのでそこが食べ時です。止まるまでは生焼け。それ以降は焼きすぎです。

奥が深いです。

 

焼肉 虎の巻 (扶桑社文庫)
松岡 大悟
扶桑社
売り上げランキング: 231,440
ABOUT ME
genslife
30代男性 QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を向上させる活動を記録します。 2017年から選択に迷ったら、今まで選ばなかった選択肢を取るようにしています。 迷ったらやる。