自宅外での生活向上活動

使用して3か月【Soundcore Liberty Lite】の使い勝手をレビューします

Soundcore Liberty Liteを使い始めて3か月が経ちました。
レビューしていきたいと思います。

うーん。完全ワイヤレスイヤホンのSoundcore Liberty Lite買おうかなー。どうしよーかなー
本記事の内容

Soundcore Liberty Liteを3か月、ほぼ毎日使った感想をお伝えします

使用して3か月【Soundcore Liberty Lite】の使い勝手をレビューします

初めての完全ワイヤレスイヤホンの使用

前提条件として、私はSONYのウォークマン+純正のノイズキャンセリングイヤホンを使っており、無線のイヤホンは初めて使います。

開封

箱を開けるのがちょっと大変です。
キャッシュカード、クレジットカードなどの、固いカードを差し込み、引っかけて開けました。
Fire TV stickも電池入れが開け辛いとかあったので、アメリカ製は開ける事にそこまでプライオリティーを置いてないのだろうと思いました。
爪の長い人は、そのままでOK。
充電はちょっとされていたと思います。

設定

設定はbluetoothを扱った事がある人ならば、特に困る事はないと思います。
ペアリングするだけです。

使い出して直ぐの感想

ノイズキャンセリングからの移行
このイヤホンはノイズキャンセリング機能がないため、周りの音が煩いなと感じました。
大きい道路沿いでは、エンジン音がうるさく、ポッドキャストの内容が入ってきませんでした。

音楽を聞いてみる
SONYの純正と比べる事が悪いのか、シャカシャカ音が酷かったです。
軽い音と言う表現が正しいと思います。

着け心地
落ちそうで不安になります。
言うと、耳に差しているだけです。
何種類か入っていましたが、どれが合うか分かるまでは、すごく気になりました。

痛み
つけて10分ぐらい経つと、痛みが出てきました。

本体の電池が無くなる
イヤホン自体は、充電器に装着すると、通信などをカットするので、バッテリーの心配はいらないのですが、本体はいきなり接続先がなくなり、接続先を探した状態になり、バッテリーがきれている状況が何度かありました。

  • SONYのノイズキャンセリングから移行すると、周囲の音がうるさく、音楽を聞くと音が軽く気になる。
  • 落ちそうになって不安になるし、耳に痛みが出て、長時間つけていられない。
  • 再生元のバッテリーが無くなる心配が出てくる。

使い出して、3か月経った後の感想

ノイズキャンセリングの問題
慣れると、周囲の音は気になりません。そういう物なんだと脳がアップデートされました。
逆に今までは聞こえなさすぎで危なかったのでしょう。

音楽のシャカシャカ音
これも少し気にはなりますが、まあ、このようなものでしょうと言う感じです。

着け心地
落ちそうだと言う不安は、イヤーピース?耳のちょっと上に引っかけるためのフックをちゃんと使う事によって解決しました。
慣れなのかどうかわかりませんが、痛みは無くなりました。

本体のバッテリーが無くなる
これに関しては、ルーティーンが出来るのでほとんど消し忘れはなくなりました。

問題点はほぼ、解決しました。

  • 再生開始時と、終了時にやる事が多い。bluetooth接続に時間が掛かるのが一番ストレスを感じます。
  • 長い移動の際は、有線のイヤホンに戻すのですが、線がある事は結構なストレスだと感じます。もう、戻れない。
  • もうちょっとバッテリーの持ちを良くしてもらいたい。

気づいた事

  • 歩いている時に、毎回同じ道で、音が途切れます。
    それが、街中ならなんとなく分かりますが、住宅街なのでこんなところにも電波を遮断するものがあるのだと感じました。
  • レジで一瞬外す時は、優先の場合、肩にかける事が出来ていたが、これはポケットに移動させるとかしなければいけないので、無くすリスクがあります。

まとめ

  • 最初の1週間ぐらいで感じるストレスは、慣れという形でストレスではなくなる。
  • 3か月ぐらい使うと、こうして欲しいなどの、建設的な意見が出てくる。
  • 2万円台の完全ワイヤレスイヤホンもいつか使ってみたいです。
ABOUT ME
genslife
30代男性 QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を向上させる活動を記録します。 2017年から選択に迷ったら、今まで選ばなかった選択肢を取るようにしています。 迷ったらやる。