NFT

NFTアートを販売するまで【コインチェック+MetaMask+OpenSea】

巷で話題のNFT。遅ればせながら佐久間さんのオールナイトニッポンで知りました。

そこから、NFTアートの販売が盛り上がっている事が分かりました。(イケハヤさんやガリガリガリクソンさんんもやっている)

とりあえず、NFT 販売方法NFTアート やり方などでググってみると、NFTアートを出品するまでの環境設定方法が分かりやすくまとめてありました。

私はコインチェックの口座を持っているので、【コインチェック+MetaMask+OpenSea】でやる方法を調べると、以下のサイトが役に立ちました。

「NFTアートの購入方法」の箇所を見ればいいと思います。

https://fisco.jp/media/nft-art-about/



NFTアートを販売するまで【コインチェック+MetaMask+OpenSea】

【NFTアート出品】仮想通貨口座を作成(コインチェック)

コインチェックは口座を持っていたのでそのまま使用します。

gens
gens
イーサリアム(ETH)を持っていなかったので、リップル(XRP)を売りました。

コインチェックは出川ショックの時に始めて、BTC、NEM、XRPを放置していました。

少額だったので、ETHを買うために日本円にしました。

次に、ETHにします。


【NFTアート出品】ウォレットを作成(MetaMask)

ウォレットはいくつかのサイトで紹介されていたので、MetaMaskを使いました。

MetaMaskはPC版を先に登録したので、Android版との同期で少し手間取りました。

参考にしたのリンクは下記です。

Chrome拡張機能版”MetaMask”とスマートフォン版”MetaMask”の同期方法解説!

 


【NFTアート出品】ウォレットへの入金(MetaMask)

  1. MetaMaskのアプリでパブリックアドレスをコピー
  2. コインチェックでイーサリアムを送金
    コピーしたパブリックアドレスを新規宛先にコピー。
gens
gens
入金されました。認証が多いですね。

【NFTアート出品】NFTプラットフォームの登録(OpenSea)

openseaの登録は簡単でした。

ユーザー名の設定とメールアドレスの設定、ウォレットとの連携だけです。

簡単に出来ますが、分かりやすい参考サイトのリンクは下記です。

④OpenSeaなどのNFTプラットフォームにログインする

【NFTアート出品】NFTアートの出品(OpenSea)

まだ出品出来ていません。

手始めにLINEスタンプを作っていた頃に作っていたアート作品から出品しようと思っています。

 

comming soon…

 

ABOUT ME
genslife
30代男性 QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を向上させる活動を記録します。 2017年から選択に迷ったら、今まで選ばなかった選択肢を取るようにしています。 迷ったらやる。