キャッシュレス

LINEペイ(バーチャルカード)でamazonギフト券が買えました

春の超Payトク祭!毎回20%還元+もらえるくじのWキャンペーンに参加しています。
20%還元+もらえるくじなので、コンビニで現金を払うのはアホらしいですね。

色々とLINEペイについて詳しくなったので共有します。
LINEペイへのチャージは出来ている人に向けてです。

  • アマゾンギフト券をLINEペイ(バーチャルカード)で使えるようにする。
  • 松屋でLINEペイで支払う
  • おまけ:もらえるくじの成績

LINEペイ(バーチャルカード)でamazonギフト券が買えました

amazonギフト券は15円から金額を指定して買えるので、このキャンペーンに最適です。このキャンペーンは、100円の利用に対して、1枚もらえるくじが引けるのです。

つまり、100円ずつ購入するとその度にもらえるくじが引けるのです。

この情報を昼休みに知って、amazonでLINEペイを使える方法を調べて、私がやった手順を書きます。

  1. LINEペイをチャージ
  2. LINEペイカードのバーチャルカードを発行

    バーチャルカード・・・JCBカードのオンライン加盟店でのお買い物にLINEペイ残高を使用できます。
    発行すると、すぐにクレジットカードと同じ形態のカード番号、使用期限、セキュリティカード、名義人が付与されます。
    名義人は自分ではなく、LINE MEMBERです。

  3. パソコンからアマゾンにアクセスして、「アカウントサービス」-「お支払い方法の追加」ー「クレジットカードの追加」で、バーチャルカードを追加します。名義人は「LINE MEMBER」ですので気を付けてください。
    私は知っていたのに、「LINE MENBER」と間違って入力しかなり時間がかかりました。
  4. アマゾンギフト券を購入します。
  5. 購入した瞬間、LINEウォレット、LINE Payもらえるくじが飛んできます。ちなみに私は、100円買って、もらえるくじ100円当たったので、LINEペイ残高は変わらず、amazonギフト券残高が増えました!!

Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック

松屋でLINEペイを使いました

松屋ではLINEペイ(コード決済)を使える券売機と、使えない券売機がある事を知りました。私が行った松屋には2台券売機があり、最初に向かった券売機ではLINEペイでの支払いが出来ないようで、「コード決済でお支払の場合は、もう1つの入り口付近にある券売機をお使いください」紙が貼ってありました。

もう1つの券売機に行くと、コード決済の使い方が書いてありました。

  1. 商品を選択する。
  2. コード決済ボタンを押す。
  3. LINEペイでコード支払いを押して、ある人はクーポンを選ぶ。
  4. QRコードをスキャナにかざす。
  5. 食券が出てきます。

次からはスムーズに出来そうです。

おまけ:もらえるくじの分析

今の所、5分の4で当たっています。
サンプルが少ないですが、twitterなどを見ていると、100円が多そうです。
10円の人もちらほらと見えます。

私の結果

  1. 160円の松屋での支払いで、100円の当選。
  2. 100円のアマゾンギフト券の購入で、100円の当選。
  3. LINEギフトの50%OFFで500円のチケットを250円で購入で、50円の当選。
  4. ファミマで買い物、はずれ
  5. ローソンで買い物、10円の当選。(初日)
  6. 古本市場で買い物、はずれ。古本市場では専用端末でQRコードでの決済でした。
  7. ローソンで買い物、はずれ
  8. ローソンで買い物、はずれ
  9. ファミマで買い物、はずれ
  10. ローソンで買い物、10円の当選

友人Aの結果

  1. ファミマで買い物、100円当選
  2. ファミマで買い物、はずれ(初日)

友人B

  1. ファミマで買い物、100円当選(初日)
  2. ファミマで買い物、はずれ
  3. ファミマで買い物、はずれ
  4. ローソンで買い物、50円当選

明らかに初日以降の、当選確率が下がっている。

Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック

ABOUT ME
genslife
30代男性 QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を向上させる活動を記録します。 2017年から選択に迷ったら、今まで選ばなかった選択肢を取るようにしています。 迷ったらやる。