生活トラブル解決

落書きの犯人を探し出す画期的な方法

街のブロック塀に大きないたずら書きが書かれていることがあります。これを消すには、相当の労力とお金がかかります。

しかも描かれているところは、描きやすい(広い、描いてるとき見つかりにくい)所なのか、毎回同じで持ち主も苦労していると思います。

そこで私が 考え出した犯人を探し出す画期的な方法をお伝えします

画期的な方法

この SNS の時代だからこそできる方法です 。

『この作品の作者に仕事を依頼したいので、拡散してください』と、SNSに書き込むのです。

有名なアーティストなどに、出来る限りリツイート、いいねされるように拡散します。たったこれだけです。

他人の家の壁に落書きをするようなやつですので、多分名乗り出てきます。

いわゆる自首ですね。落書きでお困りの方は試してくれないかな。

ABOUT ME
genslife
30代男性 QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を向上させる活動を記録します。 2017年から選択に迷ったら、今まで選ばなかった選択肢を取るようにしています。 迷ったらやる。